Blue Twilight

shion houjouin's diary.

2017年末〜2018年始度ベトナム・カンボジア旅行記 4日目

昨日はまた病んでしまいました。家族との間でちょっと揉め事になってしまった事が原因です。

気持ちは昨日の内にしばらくして落ち着きました。

 

さて、気を取り直して年末年始のベトナムカンボジア旅行記の続きを書きます。

https://www.instagram.com/p/Bd7IbmVDVCW/

大晦日の朝はアンコールワットで朝日を見ました。

アンコールワットに到着したのは早朝だったのですが、その時星がよく見えた事は今でもはっきり覚えています。

アンコールワットの敷地内は現地の人や外国人観光客で賑わっていましたね。

ちなみにアンコールワットの朝日はとても神秘的でした。

https://www.instagram.com/p/Bd7IdnFjav9/

その後ホテルに戻って朝食をとり、それからタプロム遺跡とバンテアイクデイ遺跡へと向かいました。

https://www.instagram.com/p/Bd7IgXcDJ0O/

遺跡に続く道では、商売をやっている人も入れば、勉強をしている少女もいました。

それだけではなく、鶏もいましたね。

https://www.instagram.com/p/Bd7IiFDDCxs/

ここの遺跡の発掘には、日本も関わっています。確か上智大学だったような。

それにしても瓦礫の量が凄い。

https://www.instagram.com/p/Bd7IjnVDOSe/

中には木を生やした遺跡もありました。今でも自然に帰る過程を進んでいるようですね。

https://www.instagram.com/p/Bd7Ik55DwVj/

その後、バンテアイスレイ遺跡へ。

この遺跡と言えば、東洋のモナリザとしても有名なデヴァダー像が有名ですね。

https://www.instagram.com/p/Bd7InTHjiy8/

遺跡はとにかく小さいのが印象的でした。まるでアンコールワットのミニチュア模型と言った感じでしたね。

けれども保存状態が良いです。小さいからこそ手入れが安易なのでしょうね。

https://www.instagram.com/p/Bd7IrJoDpdX/

小さいながらも、作りはとにかく細かい。

ただし、遺跡内は道が狭い上に観光客が多く、歩くのは大変でした。

https://www.instagram.com/p/Bd7ItXejePF/

さて、この写真の中に肝心のデヴァダー像があります。

どれがデヴァダー像でしょうか?

 

 

正解は…

https://www.instagram.com/p/Bd8x9lDjp-P/

…一番奥の出入り口の右と左にある二体の小さな像です。立っている姿が分かるでしょうか?

ちなみに手前にある座っている神の像はデヴァダー像ではないので、くれぐれも間違えないように。

望遠レンズを持って来て撮影するべきでしたね。

 

この日はその後、シェムリアップ空港に行ってベトナム航空のハノイ行き便に乗り、ハノイノイバイ国際空港へと向かいました。

それからはバスでハロン湾にあるホテルへと4時間ほどかけて移動しました。

そして、ホテルで年を越しましたね。

 

次回5日目は最終回となります。