Blue Twilight

shion houjouin's diary.

Minecraft PE日記 Part.9

f:id:shion_houjouin0056A:20170802160858j:image

以前見つけた二つ目のネザー要塞を探索しました。

ウィザースケルトンの足音に怯えながらも進みましたが、宝箱が置いてありました。

f:id:shion_houjouin0056A:20170802161024j:image

一つ目の宝箱の中身はこうなっていました。

サドルを手に入れたからこそ、これで乗馬ができます。

f:id:shion_houjouin0056A:20170802161114j:image

そしてついに、念願のネザーウォートを発見。

この時を待っていました。

f:id:shion_houjouin0056A:20170802161211j:image

二つ目の宝箱の中身は金とその武具が入っていました。武具は焼いたら金塊になるので悪くはないでしょうね。

f:id:shion_houjouin0056A:20170802161326j:image

ネザーウォートは一つだけ持ち帰りました。

僕は一つから育て始めるタイプだったりします。

f:id:shion_houjouin0056A:20170802161410j:image

その後はこんなに増えました。

いつかは全面を埋め尽くしたいですね。

f:id:shion_houjouin0056A:20170802161447j:image

それと、今は家の内装作りを進めています。

何もなかったリビング・ダイニングホールは生活感が溢れる空間となりました。

f:id:shion_houjouin0056A:20170802161557j:image

更には、一階の一つの部屋を和室にしました。

壁には緑色のコンクリートパウダーブロックを使用し、畳には白樺の材木のハーフブロックを使用しました。

砂壁と言えば、個人的には緑色のイメージが強いので、コンクリートパウダーブロックが追加されたからこそ緑色の砂壁を見事に再現できて良かったです。

畳は最初は麦俵にしようと思ったのですが、麦俵だとコレジャナイ感しかしませんし、黄色のカーペットだと色が明るいから不自然。しかも、どちらも模様からして畳感がありません。

しかし、白樺の木材は色は畳の色に近いですし、節模様が畳っぽいので、しっくり来ます。だからこそ、最終的には白樺の木材のハーフブロックを選びました。

f:id:shion_houjouin0056A:20170802162147j:image

反対側から。

和風感を出す為には色々と試行錯誤しました。個人的には沼地で採取したヒスイランを生け花のつもりで飾っているのがチャームポイントです。

邸宅は言うまでもなく、第二帝政期建築様式ですが、最初はそんな邸宅に和室を作ろうとは思いませんでしたね。

f:id:shion_houjouin0056A:20170802162421j:image

次回のバージョンで旗が追加される事が確定しているので、次期アップデート後は左の床の間に掛け軸模様の旗を飾るとしたいですね。

 

皆さんもマインクラフトで和室を作る際は是非、参考あるいは真似してみてください!

 

次回へ続く。