Blue Twilight

shion houjouin's diary.

Minecraft PE日記 Part.8

f:id:shion_houjouin0056A:20170731220328j:image

ついに、スタート地拠点の邸宅の外装が出来上がりました。

時間は比較的多くかかりましたが、良い感じに仕上がったのが良かったです。f:id:shion_houjouin0056A:20170731220343j:image

外壁として、黄色いコンクリートブロックを使用したおかげで、背後のビーチや海によく馴染む感じになりました。

それだけではなく、正面から見て左の方にあるサバンナの景色にもよく馴染みます。

最初は黄色いコンクリートブロックではなく、磨かれた閃緑岩か花崗岩にしようと思ったのですが、ここは黄色いコンクリートを選んで正解でした。

コンクリートブロックはコスパが大変良く、使い勝手が良いです。しかも色合いは似たようなブロックである色付き堅焼き粘土ブロックや色付き羊毛ブロックよりも良いですね。色付き堅焼き粘土の場合は色が偏る上にコスパが高めですし、羊毛ブロックは表面が滑らかではなくてザラザラしている上に燃えますからね。

f:id:shion_houjouin0056A:20170731220352j:plain

横から見ると、意外にも大きく見えてしまいます。

個人的にはホテルにも見えてしまう。

f:id:shion_houjouin0056A:20170731220359j:image

反対側には温室を設けました。

f:id:shion_houjouin0056A:20170731220407j:image

やはり第二帝政期建築様式にして良かったです。最初はログハウスという案もありましたがね。

第二帝政期建築様式と言えば、北米ではかなり多く見られる建築様式なので、北米に留学した経験のある人や旅行に行った人なら懐かしく感じるかもしれません。

第二帝政期建築様式の大きな特徴は何と行っても正面にある塔ですが、塔は屋根造りに苦労しました。

f:id:shion_houjouin0056A:20170731220413j:image

塔からは屋上に行けます。

屋根はネザーレンガを使いました。そのほとんどはネザーラックを焼いて作った物ですがね。ちなみに屋上のネザーレンガブロックは全て、節約の為にハーフブロックを使っています。

 

中身については、内装が出来上がってから公開する予定。

f:id:shion_houjouin0056A:20170731220415j:image

三階の後部にあるバルコニーからは海とビーチが見渡せます。

f:id:shion_houjouin0056A:20170731220419j:image

後ろはこうなっています。

個人的には後ろの姿も気にっていたりする。

ちなみに後部にはヴィクトリア朝建築様式も取り入れました。

f:id:shion_houjouin0056A:20170731220420j:image

夜の姿。

夜だと邸宅感が溢れますね。

 

あとは内装だけではなく、周囲やエクステリアも作らなければ。

 

 次回へ続く。