Blue Twilight

shion houjouin's diary.

2017年4月度インド旅行レポート 1日目

6日朝、自動車で新千歳空港まで移動しました。

到着後はすぐに仁川国際空港行きの大韓航空便に乗りました。

ちなみに大韓航空の便はそれぞれの席にモニターが付いていた訳ですが、モニター付きの便に乗るのは13年ぶりでしたね。ちなみに前回乗ったモニター付きの便はハワイ旅行で乗った日本航空機でした。

 

そして3時間程後には仁川国際空港に到着。

https://www.instagram.com/p/BSh128yD--f/

その後、すぐにデリーにあるインディラ・ガンディー国際空港行きの大韓航空便に乗りました。

今回使った航空会社は大韓航空だけだったんですよね。大韓航空機は水色のボディが特徴的ですが、個人的にサービス面は決して悪くなかったです。

それと、デリーまでは確か6時間以上もかかりました。

 

着陸時にはデリーの町並みが見えましたが、その時のワクワク感は今でも忘れられません。ちなみにデリーの町並みは空き地が多く、点々と高層マンションが建っているのが特徴的でしたね。高層マンションは人口が多い国の特徴の一つでもあるでしょう。

インディラ・ガンディー国際空港に到着した時は長く乗っていた事で体に溜まった飛行機の揺れの感覚に苛まされたりしていましたが、入国審査を何とか済まして他のツアー参加客と合流し、ホテル行きのバスに空港の外へと出ました。

今の時期のデリーは気温が40度前後と高温ですが、乾いている為にカラッとしていて快適でした。だからこそ、暑さはあまり感じませんでしたし、夜は涼しくて快適でした。

むしろ多湿でサウナ状態の夏の京都の方が過酷ですね。

https://www.instagram.com/p/BSjIOQWjP-G/

その後、夜のデリーの町並みを見ながらホテルに向かいました。通った場所は商店街が多かったのですが、夜のデリーの商店街はまるで、映画『ブレードランナー』と『AKIRA』の世界みたいでしたね。こうしたサイバーパンク感のある雰囲気は好きだったりします。インドのみならず、中国や東南アジアにもこうした雰囲気のある場所は多いでしょう。

 

ホテルに到着した時はもうヘトヘトでした。部屋に付いた時は色々整理して、後に寝ました。

 

2日目に続く。