Blue Twilight

shion houjouin's diary.

【NEWS】福島廃炉に外国人労働者 東電「特定技能」受け入れへ【Yahoo!ニュース】

headlines.yahoo.co.jp

相変わらず続いている、外国人の「技能実習」を偽った「奴隷制度」ですが、これは本当に酷過ぎて、やっている側(東電)が鬼畜としか思えません。

まさに自分達がやりたくない仕事を、将来社会に貢献する事を夢見て海外から遥々とやって来た外国人達に押し付けている感じですよね。こんなの本当に奴隷制度その物です。

それに原発廃炉作業だからこそ、被曝は避けられない物です。彼ら(外国人技能実習生達)が被曝していくのを想像すると、東電と建設業界と経団連や政府に対する怒りはただただ増すばかりになります。

 

こんなの本当にくたばれとしか言いようがありません!!

ねこたまご+Cafe '19_04/17

f:id:shion_houjouin0056A:20190417200110j:image

今週に入ってからずっと心の具合が悪かったので、仕事後に癒しを求めて、ねこたまご+Cafeに行ってきました。🚲🐈

今回はせっかくなので、アイスティーを注文して飲みましたね。🥃
f:id:shion_houjouin0056A:20190417200054j:image

来た時には椅子が一つ倒れていました。ちなみにこの時、何匹かが室内を駆けたり、互い戯れ合ったりしていましたね。🐾🐾🐾
f:id:shion_houjouin0056A:20190417200057j:image

子猫症(人間で言えば、ハイランダー症候群のような病気)のうずらちゃん。🐈

最近新たにスタッフ猫となった、謙虚な女の子です。👼
f:id:shion_houjouin0056A:20190417200048j:image

さて、夕飯時間の直前になると、猫達が出入り口付近をうろうろして空腹アピールし出しました。🥣🐾🐾🐾🐾
f:id:shion_houjouin0056A:20190417200101j:image

待ちに待った夕食時間。🥣

食事中は皆静かです。🤫
f:id:shion_houjouin0056A:20190417200045j:image

そして食後。🐾

甘えん坊なリボンちゃんは撫でられるのが大好き。それに綺麗好きなのか、手で顔を頻繁に洗っていました。🐈🧽
f:id:shion_houjouin0056A:20190417200051j:image

ちょっと通りますよ/ ´_ゝ`)(←ネタが古過ぎる!)

f:id:shion_houjouin0056A:20190417200104j:image

副園長のソル。🐈

何より、もふもふボディがたまらない。今日も毎回恒例にモフりました💕💕

この僕だけじゃなく、カフェのスタッフさんも、ソルをモフるのが好きなようです💕

2019年3月度 旧ユーゴスラビア諸国旅行 5日目 ドゥブロヴニク編 Part.2

旅行中で続きを書く事が面倒になってしまって中断してしまった先月の旧ユーゴスラビア諸国旅行記ですが、その続きを再開します。

今回は、前回書いた「5日目 ドゥブロヴニク編」のPart.2となります。

f:id:shion_houjouin0056A:20190404183544j:image

大聖堂の側にある細い道を抜けて港へ。

港は密集した旧市街内部とは違って、広く開かれた感じがしましたね。
f:id:shion_houjouin0056A:20190404183536j:image

港から見た新市街。

リゾート感溢れる景色でしたね。
f:id:shion_houjouin0056A:20190404183540j:image

再び旧市街内へ。

右にあるのは聖ヴラホ教会です。
f:id:shion_houjouin0056A:20190404183932j:image

そして、旧市街の中で一番長くて太いプラツァ通りを歩いて、スタート地点であるオノフリオ大噴水広場へと一旦戻りました。
f:id:shion_houjouin0056A:20190404183437j:image

次はフランシスコ会修道院の中へ。

中庭は南国な雰囲気がしました。
f:id:shion_houjouin0056A:20190404183450j:image

中庭の廊下。

マラ・ブラーチャ薬局の博物館は残念ながら撮影禁止でした。
f:id:shion_houjouin0056A:20190404183532j:image

次は90年代の内戦の写真博物館へ。このドゥブロヴニクも90年代の内戦で戦場となりました。

並ぶ多くの遺影はポーランドアウシュヴィッツ収容所跡を思い出させましたね。

f:id:shion_houjouin0056A:20190404183524j:image

その後も、いくつもの施設を見回りました。

そうしていく内に、ドゥブロヴニク旧市街は実に多くの歴史の詰まった街だと実感していきましたね。

f:id:shion_houjouin0056A:20190404183446j:image

階段を登って港の門の上へ。見晴らしは良かったですね。

何より、この日は天気が大変良かったので気持ち良かったです。

f:id:shion_houjouin0056A:20190404183441j:image

聖イワン要塞跡にある海洋博物館。

海運業の歴史に関する資料だけではなく、海洋図、契約書、大砲などの兵器類、昔の時代を描いた絵画など、多くの物が展示されていました。

f:id:shion_houjouin0056A:20190404183528j:image

さて、海洋博物館を見た後は、城壁を歩き廻る事にしました。ドゥブロヴニク旧市街と言えばやはり、街を守って来た立派な城壁ですね。

f:id:shion_houjouin0056A:20190414215144j:image

Part.3に続く。

百合が原公園にて

f:id:shion_houjouin0056A:20190413221008j:image

今日は天気がとても良い上に暖かかったですね。

なので午後は自転車に乗って百合が原公園に出かけてきました。

f:id:shion_houjouin0056A:20190413221014j:image

リリートレインの線路。

ちなみにリリートレインはまだ運行してません。

f:id:shion_houjouin0056A:20190413221018j:image

さて、今回はせっかくなので、緑のセンターに入りました。ここでは温室内で様々な木や花を育てています。

先月の旅行以来久しぶりにカメラで写真を沢山撮りましたね。

f:id:shion_houjouin0056A:20190413221039j:image

小さな桜の木。

ちなみに花はもう咲いていたので、一足早く花見気分に浸かれましたね。何と言っても、北海道の花見シーズンは遅いんですよ。

f:id:shion_houjouin0056A:20190413221052j:image

温室は上の窓が開いているので、鳥が入って来ていました。

窓の大きさ、開き具合、構造、位置などからして、天敵のカラスが簡単に入って来れない構造なので、この鳥にとってこの温室は安全圏に違いないでしょう。

f:id:shion_houjouin0056A:20190413221101j:image

最後に芝生広場。

次回の来園時はせっかくなのでリリートレインに乗ってみようと思います。

どうして

 

どうして

 

どうして

 

どうして

 

どうして、俺だけこんなに不幸なのよ。。。

 

どうして、俺だけこんなに惨めなのよ。。。

 

 

 

 

 

いなくなりたい

「DUCK RAMEN-EIJI」DUCK醤油

f:id:shion_houjouin0056A:20190411181034j:image

ただ今、仕事終わりとして食べに来ています。ラーメン店に行くのは帰国後初ですね。

パチンコ店の建物にあるお店ですが、ラーメン店内は黒を基調としていてお洒落です。

そして、食べているメニューは当店一のメインメニューでもあるDUCK醤油。スープは鶏ガラの味がかなり効いており、麺は柔らかくてモチモチしています。更に、チャーシューは赤と白の二種類が付いています。赤い方は何と、鴨フィレ肉をア、ロゼして、濃口醤油味醂ワインとマスタードを合わせた物で、レバーのような風味があります。

次はDUCK白湯とDUCKoilまぜそばを食べたいですね。それに当店は僕の好きなタイプの店なので、リピーターになりそうな予感。

書くべきもの

実は先月の旧ユーゴスラビア諸国旅行のレポートの続きだけじゃなく、2月に行った中島公園にある豊平館巡りのレポートも書かなきゃいけない。

それに最近、日記を書く力が落ちていると実感していますね。